回転寿司屋のバイト面接対策をご紹介

寿司屋バイトGuide

面接は相手の顔を見て話そう

寿司屋で働くためにはバイト採用をかけて面接に臨む必要があります。面接を成功させるためには事前の準備と面接に臨む心構え、そして面接時の対応などしっておくべきことがたくさんあります。それらの注意点を知っておくことで面接通過の確立も高くなると思います。

面接は相手の顔を見て話そう
LINEで送る
Pocket

面接に行く前にしておくこと

まず面接が決まったらしておきたいのが、面接の日時と場所の確認です。面接に遅刻するのは絶対に許されませんので、事前に何時に家を出てどの電車を乗り継いで行けばよいかなどを調べておきましょう。できれば当日は30分前には面接会場に到着しておき、時間をつぶすくらいのほうが安心です。不安がある場合は事前に一度現地に赴くのもおすすめです。次に身なりの確認をしましょう。
寿司屋は清潔感が求められる仕事ですので、そのイメージにあう髪型や服装を心がけましょう。ぼさぼさの長髪や、だらしなく汚い服を着ていくのはNGです。スーツを着る必要はないですが、できるだけ清潔感のある服装で、できれば理容室などに行った直後に面接に行きましょう。

面接時に気を付けたい事

まず面接会場に入る前に携帯の電源を切っておきます。そして話を聞き逃さないようにメモ帳と筆記用具を用意します。きちんと話を聞いていることが相手に伝わりますので筆記用具を持っているという事自体が面接にプラスに働きます。部屋に入る時はノックをして相手の返事を待って入りましょう。
椅子の前でお辞儀をし、座っていいという合図が出てから座るようにしましょう。面接中は相手の質問にハキハキと答えましょう。寿司屋では大きな声でハキハキと返事をすることが仕事上でも必要なことですので重要なポイントです。面接が終わった後も、同じ建物の中では従業員に出会う可能性も高いですので、少なくとも面接会場の建物を出るまではきちんとした態度をとるようにしましょう。

面接者の目を手話しましょう

そのほかに面接時に気を付けたいことは「相手の目を見て話す」ことです。もしかしたら相手の目を見て話すことが苦手な人もいるかもしれません。そういう人は相手の眉間のあたりを見ると、相手は自分の目を見て話していると思ってくれますし、少なくとも相手の話を真剣に聞こうという姿勢は示せます。
してはいけない態度としては、足を組む、貧乏ゆすりをする、髪の毛をさわる、明後日の方向を見るなどがあります。これらの態度をとると面接合格の可能性はほとんどなくなってしまいますので気をつけましょう。
また面接に合格しやすくなるテクニックとして「自分から質問をする」という方法があります。相手が自分の話を聞いていたことと、その話の内容に興味を持っている事などを証明することができます。何より真剣に面接に臨んでいるんだなという印象を与えますので積極的に質問をすることをおすすめします。

おすすめの寿司関連記事

実録!バイト体験談
実録!バイト体験談

寿司屋で働く具体的なイメージを持つためには、寿司屋でバイトをしていた人の体験談を聞くことがいちばんの近道でしょう。最初はシャイで大声を出せなかった寿司屋のバイトの先輩がいかに克服したのかという体験談、一人暮らしの大学生でバイトをしていた先輩が食べた寿司店のまかないの美味しさに感激した話、料理が全然できなかったのに寿司店で働くうちに人並み以上に調理ができるようになったという成功体験などがあります。寿司店でバイトをする前に読んでみて参考にしてください。

続きを見る
寿司職人の世界を映画で学ぶ
寿司職人の世界を映画で学ぶ

「二郎は鮨の夢を見る」という映画があります。この映画を見ると寿司文化について学ぶことがたくさんあります。銀座にある10人ほどしか座れないカウンターしかない寿司店「すきやばし次郎」はミシュランで三ツ星を取り続けている名店で、店主は伝説的な寿司職人小野二郎です。このすきやばし次郎と小野二郎に密着したドキュメント映画は芸術的で寿司がいかに美しいかを表現しています。寿司屋でバイトをしてみたいという人にお勧めの映画です。

続きを見る
秘密は徹底したコスト削減
秘密は徹底したコスト削減

寿司屋でバイトをしたいという人なら、なぜ回転寿司店ではあんなに安価で美味しい寿司を提供できるのだろうという疑問を抱いたことがあるかも知れません。その秘密は回転すし店の徹底的なコスト削減にありました。機械を導入して人件費を削減することをはじめとして、できるだけ原価の安いネタを楽しんでもらい、その利益で原価の高いネタを提供するなど「寿司の新しい文化」ともいえるような発明や進化が回転寿司店を支えていました。

続きを見る
知っておきたいお寿司のルーツ
知っておきたいお寿司のルーツ

寿司の文化を知っておくと寿司屋でバイトをするのが楽しくなります。寿司の最初の形は「熟れ鮨」(なれずし)という発酵食品の一種でした。縄文時代末期から日本で親しまれていたというから驚きです。室町時代には発酵をまたずにお酢をかけることで酸味を加えるようになり、江戸時代には現在にも通じる江戸前寿司が華屋与兵衛の手によって登場しました。その後も回転寿司店が出来るなど寿司の新しい文化が作られ続けています。

続きを見る