回転寿司屋のバイト探しはグルメdeバイト

寿司屋バイトGuide

ホンネに応える「グルメdeバイト」

寿司屋でバイトをするためには当然寿司店の求人情報を集めることから始めます。バイト情報誌やバイトサイトなどはたくさんありますが、寿司屋で働く目的の人にお勧めしたいバイト求人サイトが「グルメdeバイト」です。寿司店を含む飲食店の求人情報が豊富に掲載されていますし、職場の雰囲気を伝わりやすいような誌面の工夫もされています。まずはサイトを訪れて求人情報をチェックしてみましょう。

ホンネに応える「グルメdeバイト」
LINEで送る
Pocket

給与と写真で職場を探せる

  • グルメdeバイト
  • 飲食店向けバイト求人サイト「グルメdeバイト」は4つの検索方法で理想の職場を選ぶことができます。

一つ目が「給与で選べる」という事です。時給がいくらかなどは求人案内を見れば当然見ることができるのですが、このサイトの独自のサービスが「月額いくら稼げるシフトがあるのか」が一目瞭然だという事です。ヘビーなら13万円以上、ミドルなら7万円から13万円、ライトなら7万円未満のシフトがあるという事です。がっつり稼ぎたいという人はヘビーの物件から探すことができるので、人手間省けて便利です。
二つ目が「お店のスタッフと、お店の写真が掲載されている」ことです。職場の雰囲気を理解するためには職場である寿司店の写真を見るのがいちばん手っ取り早いですし、これから一緒に働く人の顔写真をみるのがいちばん理解しやすいです。この人たちと仲良く働きたいと思うかどうかで応募するかを決めることが可能です。

メンバー構成と履歴書作成ツール

「グルメdeバイト」の三つ目のサービスが「データで働いているメンバー構成がわかる」というものです。先ほど写真でチェックしましたが、職場の事はもっと知りたいものです。このサービスでは年齢、性別、社員、バイトの比率などが掲載されているので働く寿司店の情報が一目瞭然でわかります。「若い人が多くて楽しそうだな」とか「女性が多いので安心して働けそう」など働きたい職場かどうかを決めるためにとても有益なデータではないでしょうか。
そして最後が「履歴書作成ツール」のサービスです。履歴書をきちんと作るのは実はかなり大変です。しかし「グルメdeバイト」の履歴書作成ツールを利用すれば簡単に履歴書を作ることができます。また一度作った履歴書のデータは保存されるので、何度でも利用することができて便利です。もちろん加筆修正することも可能です。寿司店で働くためにもできるだけ難しいことは避けて、最短距離でお店選びや応募をしたいものです。
三つのマッチングのためのサービスと応募を簡単にする履歴書作成ツールを利用して、自分にぴったりの職場で寿司店のバイト体験を楽しんでほしいと思います。

おすすめの寿司関連記事

実録!バイト体験談
実録!バイト体験談

寿司屋で働く具体的なイメージを持つためには、寿司屋でバイトをしていた人の体験談を聞くことがいちばんの近道でしょう。最初はシャイで大声を出せなかった寿司屋のバイトの先輩がいかに克服したのかという体験談、一人暮らしの大学生でバイトをしていた先輩が食べた寿司店のまかないの美味しさに感激した話、料理が全然できなかったのに寿司店で働くうちに人並み以上に調理ができるようになったという成功体験などがあります。寿司店でバイトをする前に読んでみて参考にしてください。

続きを見る
寿司職人の世界を映画で学ぶ
寿司職人の世界を映画で学ぶ

「二郎は鮨の夢を見る」という映画があります。この映画を見ると寿司文化について学ぶことがたくさんあります。銀座にある10人ほどしか座れないカウンターしかない寿司店「すきやばし次郎」はミシュランで三ツ星を取り続けている名店で、店主は伝説的な寿司職人小野二郎です。このすきやばし次郎と小野二郎に密着したドキュメント映画は芸術的で寿司がいかに美しいかを表現しています。寿司屋でバイトをしてみたいという人にお勧めの映画です。

続きを見る
秘密は徹底したコスト削減
秘密は徹底したコスト削減

寿司屋でバイトをしたいという人なら、なぜ回転寿司店ではあんなに安価で美味しい寿司を提供できるのだろうという疑問を抱いたことがあるかも知れません。その秘密は回転すし店の徹底的なコスト削減にありました。機械を導入して人件費を削減することをはじめとして、できるだけ原価の安いネタを楽しんでもらい、その利益で原価の高いネタを提供するなど「寿司の新しい文化」ともいえるような発明や進化が回転寿司店を支えていました。

続きを見る
知っておきたいお寿司のルーツ
知っておきたいお寿司のルーツ

寿司の文化を知っておくと寿司屋でバイトをするのが楽しくなります。寿司の最初の形は「熟れ鮨」(なれずし)という発酵食品の一種でした。縄文時代末期から日本で親しまれていたというから驚きです。室町時代には発酵をまたずにお酢をかけることで酸味を加えるようになり、江戸時代には現在にも通じる江戸前寿司が華屋与兵衛の手によって登場しました。その後も回転寿司店が出来るなど寿司の新しい文化が作られ続けています。

続きを見る