回転寿司屋のバイトを探せて、お祝い金ももらえるバイトーク

寿司屋バイトGuide

お祝い金なら「バイトーク」

寿司屋でバイトをしたい人にお勧めのバイト情報求人サイト「バイトーク」を紹介します。バイトークは「トーク」というだけあり、リアルな声から職場の雰囲気を想像することができます。

お祝い金なら「バイトーク」
LINEで送る
Pocket

「先輩の声」で職場の雰囲気がわかる

バイトークには「先輩の声」という項目があります。実際に働いている先輩から職場の情報や雰囲気などを伝えてもらえるので、リアルにイメージできます。自分が働く職場として向いているかどうか判断するのに役立つと思います。普通の求人バイトサイトですと時給などはわかっても「シフトの決め方はどうなっているのか」などの詳細の部分はわかりません。事前にそのような詳細な情報を知っておけば、働くことになった後も戸惑わずにすみますので安心して働くことができるでしょう。

検索条件が豊富

バイトークは様々な検索条件で職場を探すことができるのも特長です。バイト先を選ぶときに優先順位は人によって違うと思います。このサイトを見ている人は「仕事、働く職場」を最優先していると思います。「寿司店」を検索条件に加えて求人情報を探しましょう。またエリアにこだわりがある人も多いと思います。家から近い、通っている学校から近いということはバイトを続けていくうえで重要な問題だからです。
バイトークなら「市町村別」「電車の沿線別」などの検索方法がありますので、自分がいちばん通いやすい職場を選んでください。またこだわりの検索条件も多数あります。例えば「服装自由OK」「ネイルOK」などの「ここははずせない」というこだわりがある人にも検索しやすいと思います。

採用お祝い金のプレゼントがある

これからバイトをしたいという人は手持ちのお金が少なくて、当面どうやって生活しようか悩んでいる人もいるかもしれません。受験勉強を頑張って学生になったばかりの人や以前のバイトを辞めてからしばらく期間が空いてしまった人などはそうかもしれません。また無事にバイト先が決まってから給与を得るまでは日雇いの仕事などでない限り最低一か月ほど待たなければなりません。

  • バイトーク
  • しかしバイトークから応募してバイト先が決まった人には、「採用祝い金」が贈呈されるという嬉しいプレゼントがあります。

バイト先にもよりますが最大3万円まで支給されるといいますからとても助かりますよね。採用祝い金の申請は銀行口座を登録しておき、初出勤したあとにマイページから申請できます。なぜ採用祝い金がバイトークから出るかというと、求人を出している企業からバイトークが得るお金をバイトが決まった人に還元しているからです。先輩の声やさまざまな検索条件で理想の職場を探し、無事合格して採用祝い金をもらって安心して働きましょう。

おすすめの寿司関連記事

実録!バイト体験談
実録!バイト体験談

寿司屋で働く具体的なイメージを持つためには、寿司屋でバイトをしていた人の体験談を聞くことがいちばんの近道でしょう。最初はシャイで大声を出せなかった寿司屋のバイトの先輩がいかに克服したのかという体験談、一人暮らしの大学生でバイトをしていた先輩が食べた寿司店のまかないの美味しさに感激した話、料理が全然できなかったのに寿司店で働くうちに人並み以上に調理ができるようになったという成功体験などがあります。寿司店でバイトをする前に読んでみて参考にしてください。

続きを見る
寿司職人の世界を映画で学ぶ
寿司職人の世界を映画で学ぶ

「二郎は鮨の夢を見る」という映画があります。この映画を見ると寿司文化について学ぶことがたくさんあります。銀座にある10人ほどしか座れないカウンターしかない寿司店「すきやばし次郎」はミシュランで三ツ星を取り続けている名店で、店主は伝説的な寿司職人小野二郎です。このすきやばし次郎と小野二郎に密着したドキュメント映画は芸術的で寿司がいかに美しいかを表現しています。寿司屋でバイトをしてみたいという人にお勧めの映画です。

続きを見る
秘密は徹底したコスト削減
秘密は徹底したコスト削減

寿司屋でバイトをしたいという人なら、なぜ回転寿司店ではあんなに安価で美味しい寿司を提供できるのだろうという疑問を抱いたことがあるかも知れません。その秘密は回転すし店の徹底的なコスト削減にありました。機械を導入して人件費を削減することをはじめとして、できるだけ原価の安いネタを楽しんでもらい、その利益で原価の高いネタを提供するなど「寿司の新しい文化」ともいえるような発明や進化が回転寿司店を支えていました。

続きを見る
知っておきたいお寿司のルーツ
知っておきたいお寿司のルーツ

寿司の文化を知っておくと寿司屋でバイトをするのが楽しくなります。寿司の最初の形は「熟れ鮨」(なれずし)という発酵食品の一種でした。縄文時代末期から日本で親しまれていたというから驚きです。室町時代には発酵をまたずにお酢をかけることで酸味を加えるようになり、江戸時代には現在にも通じる江戸前寿司が華屋与兵衛の手によって登場しました。その後も回転寿司店が出来るなど寿司の新しい文化が作られ続けています。

続きを見る