回転寿司屋でバイトしよう

寿司屋バイトGuide

さあ、回転寿司屋で働こう!

回転寿司屋でバイトを始めるために役立つ、「寿司屋バイトの探し方」と「寿司屋バイトに採用されるための履歴書の書き方と面接対策」を紹介します。バイト探しにはネットの求人情報サイトを使う人が多いかと思いますが、寿司屋のバイトを探すならここ!というおすすめの求人サイトもご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。また、回転寿司屋はお客として入る分にはとても気軽に入れるため、バイトをする際にもファストフード店で働くような感覚になりがちですが、回転寿司も寿司屋であることを忘れてはいけません。履歴書や面接にも清潔感と真面目さが出るように工夫しましょう。

  • 履歴書は丁寧に書こう

    履歴書は丁寧に書こう

    寿司屋でバイトとして働くための第一歩がきちんとした履歴書を作ることです。履歴書は経歴よりも人柄を表します。まずはハンコがまっすぐ押されているかに注意しましょう。そして証明写真は採用かどうかにいちばん影響を与えますので、写真屋さんに行ってプロのカメラマンにとってもらうのが確実です。経歴や志望動機を書くときは「とにかく丁寧に」が大切です。いい加減な字で書くと内容が良くても採用担当者に伝わりません。文房具にこだわる人にはゼブラの「スラリサクセス」がおすすめです。

    続きを見る

  • ホンネに応える「グルメdeバイト」

    ホンネに応える「グルメdeバイト」

    「グルメdeバイト」というバイト求人サイトがあります。飲食店に特化していて、寿司店でバイトをしたい人が利用するのにぴったりのサイトです。自分が働く職場を具体的にイメージできるようなサービスが「グルメdeバイト」にはあります。給与を三段階に分けて表示したり、お店の写真やお店のスタッフの写真が掲載されていたり、職場のスタッフの年齢や性別などがデータ化されているので、理想の職場選びのために大いに参考になると思います。

    続きを見る

  • お祝い金なら「バイトーク」

    お祝い金なら「バイトーク」

    「バイトーク」というバイト求人情報サイトがあります。このサイトは、こだわりの検索条件を入力して仕事を選ぶことが可能です。働く場所にこだわる人なら「市町村別」だけでなく「沿線別」でも検索することが出来ます。また「先輩の声」という項目では職場ですでに働く先輩からの詳細な情報が掲載されていますので、職場の具体的なイメージ作りに最適です。バイトークを通してバイト先が決まれば「採用お祝い金」が最大2万円もらえるのも嬉しいサービスです。寿司屋で働きたい人にもお勧めです。

    続きを見る

  • 面接は相手の顔を見て話そう

    面接は相手の顔を見て話そう

    寿司屋で働くためには面接に合格しないといけません。バイトとはいえいい加減な服装や不潔な髪型で面接に出向いたら寿司屋で働くことはかなわないでしょう。面接会場に遅れないように気を付ける事はもちろん、面接時には相手の目をみてハキハキと大きな声で返事をするようにしましょう。メモ用紙と筆記用具を持っていき、話の要点をメモしながら話を聞いて、最後にわからないことや興味があることを質問すると「この子はやる気があるな」と面接者に思ってもらう事が出来ます。

    続きを見る

おすすめの寿司関連記事

実録!バイト体験談
実録!バイト体験談

寿司屋で働く具体的なイメージを持つためには、寿司屋でバイトをしていた人の体験談を聞くことがいちばんの近道でしょう。最初はシャイで大声を出せなかった寿司屋のバイトの先輩がいかに克服したのかという体験談、一人暮らしの大学生でバイトをしていた先輩が食べた寿司店のまかないの美味しさに感激した話、料理が全然できなかったのに寿司店で働くうちに人並み以上に調理ができるようになったという成功体験などがあります。寿司店でバイトをする前に読んでみて参考にしてください。

続きを見る
寿司職人の世界を映画で学ぶ
寿司職人の世界を映画で学ぶ

「二郎は鮨の夢を見る」という映画があります。この映画を見ると寿司文化について学ぶことがたくさんあります。銀座にある10人ほどしか座れないカウンターしかない寿司店「すきやばし次郎」はミシュランで三ツ星を取り続けている名店で、店主は伝説的な寿司職人小野二郎です。このすきやばし次郎と小野二郎に密着したドキュメント映画は芸術的で寿司がいかに美しいかを表現しています。寿司屋でバイトをしてみたいという人にお勧めの映画です。

続きを見る
秘密は徹底したコスト削減
秘密は徹底したコスト削減

寿司屋でバイトをしたいという人なら、なぜ回転寿司店ではあんなに安価で美味しい寿司を提供できるのだろうという疑問を抱いたことがあるかも知れません。その秘密は回転すし店の徹底的なコスト削減にありました。機械を導入して人件費を削減することをはじめとして、できるだけ原価の安いネタを楽しんでもらい、その利益で原価の高いネタを提供するなど「寿司の新しい文化」ともいえるような発明や進化が回転寿司店を支えていました。

続きを見る
知っておきたいお寿司のルーツ
知っておきたいお寿司のルーツ

寿司の文化を知っておくと寿司屋でバイトをするのが楽しくなります。寿司の最初の形は「熟れ鮨」(なれずし)という発酵食品の一種でした。縄文時代末期から日本で親しまれていたというから驚きです。室町時代には発酵をまたずにお酢をかけることで酸味を加えるようになり、江戸時代には現在にも通じる江戸前寿司が華屋与兵衛の手によって登場しました。その後も回転寿司店が出来るなど寿司の新しい文化が作られ続けています。

続きを見る