就職志望者のための寿司屋業界情報をご紹介

寿司屋バイトGuide

寿司業界への就職を目指す

カウンターでテキパキと寿司を握る寿司職人の姿に憧れるという人も多いのではないでしょうか。また、寿司という文化そのものが好きで寿司業界にたずさわりたいと思う人もいると思います。ここでは、最初はバイトでも、将来的には寿司職人を目指したい、寿司業界で働いていきたいという人のための寿司業界情報を紹介します。寿司屋など飲食関係の業界では、働きぶり次第でバイトから正社員へ登用されるケースも多いため、就職を目指してバイトをするのも悪くない選択です。

  • 向いているのはこんな人

    向いているのはこんな人

    寿司屋は生魚を扱うので飲食店の中でも清潔感に非常にこだわります。そして江戸前寿司からの文化を引きついているので元気も必要です。寿司屋で働くのに向いている人は清潔で元気に大きな声を出せる人だといえます。ホール係としてバイトをするのであれば笑顔が大切ですし、お客様と向かい合う愛想のよさも必要になります。お寿司は、繊細な料理ですから丁寧な仕事ができることも寿司屋のバイトをするには必要なことです。

    続きを見る

  • 履歴書は丁寧に書こう

    履歴書は丁寧に書こう

    寿司屋でバイトをするためにはまず履歴書を書いて応募する必要があります。履歴書は重要で、履歴書を見てあなたの人柄や真剣度を判断されてしまうので注意が必要です。「自分は寿司屋で働く気があります」という所を、文面ではなく丁寧な字やきれいなハンコの押し方などで表現しましょう。証明写真はプロにとってもらうとよい印象を与えやすいのでおすすめです。文房具に凝る人はゼブラの「スラリサクセス」で書いてみてはいかがでしょうか。

    続きを見る

  • ホンネに応える「グルメdeバイト」

    ホンネに応える「グルメdeバイト」

    寿司屋で働く人にお勧めの飲食店に強いバイト求人サイトがあります。それが「グルメdeバイト」です。このサイトを利用すると自分の希望通りの寿司店で働くことができる可能性がぐっと高まると思います。「給与で選べる」「お店のスタッフとお店の写真で選べる」「データでメンバー構成をチェックできる」という三つの自分にとっての最適な職場選びに必要なサービスを利用することができるからです。履歴書作成ツールを使えば簡単に履歴書も作れますのでおすすめです。

    続きを見る

おすすめの寿司関連記事

実録!バイト体験談
実録!バイト体験談

寿司屋で働く具体的なイメージを持つためには、寿司屋でバイトをしていた人の体験談を聞くことがいちばんの近道でしょう。最初はシャイで大声を出せなかった寿司屋のバイトの先輩がいかに克服したのかという体験談、一人暮らしの大学生でバイトをしていた先輩が食べた寿司店のまかないの美味しさに感激した話、料理が全然できなかったのに寿司店で働くうちに人並み以上に調理ができるようになったという成功体験などがあります。寿司店でバイトをする前に読んでみて参考にしてください。

続きを見る
寿司職人の世界を映画で学ぶ
寿司職人の世界を映画で学ぶ

「二郎は鮨の夢を見る」という映画があります。この映画を見ると寿司文化について学ぶことがたくさんあります。銀座にある10人ほどしか座れないカウンターしかない寿司店「すきやばし次郎」はミシュランで三ツ星を取り続けている名店で、店主は伝説的な寿司職人小野二郎です。このすきやばし次郎と小野二郎に密着したドキュメント映画は芸術的で寿司がいかに美しいかを表現しています。寿司屋でバイトをしてみたいという人にお勧めの映画です。

続きを見る
秘密は徹底したコスト削減
秘密は徹底したコスト削減

寿司屋でバイトをしたいという人なら、なぜ回転寿司店ではあんなに安価で美味しい寿司を提供できるのだろうという疑問を抱いたことがあるかも知れません。その秘密は回転すし店の徹底的なコスト削減にありました。機械を導入して人件費を削減することをはじめとして、できるだけ原価の安いネタを楽しんでもらい、その利益で原価の高いネタを提供するなど「寿司の新しい文化」ともいえるような発明や進化が回転寿司店を支えていました。

続きを見る
知っておきたいお寿司のルーツ
知っておきたいお寿司のルーツ

寿司の文化を知っておくと寿司屋でバイトをするのが楽しくなります。寿司の最初の形は「熟れ鮨」(なれずし)という発酵食品の一種でした。縄文時代末期から日本で親しまれていたというから驚きです。室町時代には発酵をまたずにお酢をかけることで酸味を加えるようになり、江戸時代には現在にも通じる江戸前寿司が華屋与兵衛の手によって登場しました。その後も回転寿司店が出来るなど寿司の新しい文化が作られ続けています。

続きを見る