バイトをするなら知っておきたい!寿司屋の歴史と文化について

寿司屋バイトGuide

寿司は日本の文化

突然お寿司食べたくなるときって、ありませんか?回転寿司屋さんが増えて、お寿司食べたいなーと思ったらすぐパッと入れてうれしいですね。回転寿司ができる前はお寿司といえば高級品で、そう気軽に立ち寄れる雰囲気ではありませんでした。最近では「回らない寿司」などといわれ、相変わらず少し贅沢な印象です。お祝いなどのおめでたい席で食べることも多いお寿司は、世界から注目される日本の文化そのものともいっても過言ではありません。そんなお寿司の歴史やルーツなどを少しみてみましょう。

  • 知っておきたいお寿司のルーツ

    知っておきたいお寿司のルーツ

    寿司屋でバイトをするならば寿司の文化について学んでおいてほしいと思います。寿司はもともと「熟れ鮨」(なれずし)というご飯の上に魚などを乗せて、数か月発酵させてから食べる発酵食品の一種でした。日本には稲作文化と同時に伝来したと言われていますので歴史は古いです。その後発酵させず工業的なお酢をかけるようになり、押し寿司の原型になりました。江戸時代には華屋与兵衛が江戸前寿司を発明し、現在の握りずしの原型を作りました。このように先人の努力により現在美味しい寿司を食べられるようになりました。

    続きを見る

  • 回転寿司のデビューは大阪万博

    回転寿司のデビューは大阪万博

    寿司屋でバイトをしたい人の中で回転寿司に行ったことがない人はいないと思います。現在、回転寿司は寿司文化の主流になりました。回転寿司が出来る前は握り寿司は「時価」で会計までわからないという高級店が主流でした。「ひとりの板前が10人以上のお客を相手に寿司を握れば値段も安くできる」という発想からコンベアに寿司を乗せて流す回転寿司が誕生しました。大阪万博がきっかけで全国に広まり、今ではどの町でも回転寿司を楽しめるようになりました。

    続きを見る

  • 秘密は徹底したコスト削減

    秘密は徹底したコスト削減

    寿司屋でバイトをする人のほとんどが回転寿司で働くことになるかもしれません。回転寿司は寿司文化の主流になるほど大きな市場になっているからです。これほど回転寿司店が広まった理由は「安価で美味しい寿司が食べられる」というのがいちばん大きいと思います。大量のシャリを機械を導入して人の手を使わずに作る、タッチパネルやレーンを工夫してホールスタッフを少なくするといった「人件費の削減」などのコスト削減の努力により回転寿司店では安価で寿司を提供することができています。

    続きを見る

  • 寿司職人の世界を映画で学ぶ

    寿司職人の世界を映画で学ぶ

    「すきやばし次郎」という日本で最高の寿司店と言われる店が銀座にあります。店主は小野二郎という伝説的な寿司職人でミシュランの三ツ星を取り続けています。「二郎は鮨の夢を見る」という映画はすきやばし次郎と小野二郎に密着したドキュメンタリー映画です。芸術的で美しく寿司文化を表現したこの作品は寿司屋でバイトをしたい人なら必見の映画といえます。また、寿司屋で働く気がない人も、日本人ならではの寿司の文化について知識を深めるために見ても面白いと思います。

    続きを見る

おすすめの寿司関連記事

実録!バイト体験談
実録!バイト体験談

寿司屋で働く具体的なイメージを持つためには、寿司屋でバイトをしていた人の体験談を聞くことがいちばんの近道でしょう。最初はシャイで大声を出せなかった寿司屋のバイトの先輩がいかに克服したのかという体験談、一人暮らしの大学生でバイトをしていた先輩が食べた寿司店のまかないの美味しさに感激した話、料理が全然できなかったのに寿司店で働くうちに人並み以上に調理ができるようになったという成功体験などがあります。寿司店でバイトをする前に読んでみて参考にしてください。

続きを見る
寿司職人の世界を映画で学ぶ
寿司職人の世界を映画で学ぶ

「二郎は鮨の夢を見る」という映画があります。この映画を見ると寿司文化について学ぶことがたくさんあります。銀座にある10人ほどしか座れないカウンターしかない寿司店「すきやばし次郎」はミシュランで三ツ星を取り続けている名店で、店主は伝説的な寿司職人小野二郎です。このすきやばし次郎と小野二郎に密着したドキュメント映画は芸術的で寿司がいかに美しいかを表現しています。寿司屋でバイトをしてみたいという人にお勧めの映画です。

続きを見る
秘密は徹底したコスト削減
秘密は徹底したコスト削減

寿司屋でバイトをしたいという人なら、なぜ回転寿司店ではあんなに安価で美味しい寿司を提供できるのだろうという疑問を抱いたことがあるかも知れません。その秘密は回転すし店の徹底的なコスト削減にありました。機械を導入して人件費を削減することをはじめとして、できるだけ原価の安いネタを楽しんでもらい、その利益で原価の高いネタを提供するなど「寿司の新しい文化」ともいえるような発明や進化が回転寿司店を支えていました。

続きを見る
知っておきたいお寿司のルーツ
知っておきたいお寿司のルーツ

寿司の文化を知っておくと寿司屋でバイトをするのが楽しくなります。寿司の最初の形は「熟れ鮨」(なれずし)という発酵食品の一種でした。縄文時代末期から日本で親しまれていたというから驚きです。室町時代には発酵をまたずにお酢をかけることで酸味を加えるようになり、江戸時代には現在にも通じる江戸前寿司が華屋与兵衛の手によって登場しました。その後も回転寿司店が出来るなど寿司の新しい文化が作られ続けています。

続きを見る